NAGOMI VISITが目指す社会

● NAGOMI VISITのビジョン(目指している社会)

異なる文化背景を持つ人々が、言葉や国を超えて異文化を認め合い尊敬し合う多文化共生社会

● NAGOMI VISITのミッション(果たすべき使命)

しなやかでスマートなグローバル人を増やす

NAGOMI VISITはグローバル人を「自文化に誇りを持ちつつ、様々な文化に対して共感的理解を持って接する人」と定義しています。

私たちがビジョンに掲げる多文化共生社会の構成員。それは自らの文化を意識して誇りを持ちつつ、文化の異なる相手に対して相手の立場に立ち、しなやかにそしてスマートに接することができる人だと考えます。私たちはこのような人を「グローバル人」と定義し、グローバル人を増やすことをミッションに掲げました。

グローバル人になること。
これは言うは易く行うは難しです。一朝一夕でなれることではありません。
文化の異なる相手に対して相手の立場に立って接するには、異文化を知識として知っている(概念的理解)だけでは足りません。相手とのコミュニケーションを通してお互いの妥協点を見つけ、一つ一つの違いに納得しながら共感的理解を構築し、個々人が変化していく必要があります。

世界中に多くの人々、多くの文化があるなかで、この作業はとてつもなく膨大で、長い長い道のりに思えます。しかも、コミュニケーションによって個々人に起こる一つ一つの変化は、社会全体から見ればとても小さなことかもしれません。

しかし一方で、個々人に起こるその変化は、その人自身の視野が広がり、人生をより豊かなものにすることができる、楽しくて大きな変化であることも、また事実です。

個々人がその楽しみを味わいながら、多文化共生社会を意識的に目指し、共感的理解を構築するための異文化コミュニケーションをする。そうやって1人1人がグローバル人になっていくことで、文化の異なる人同士がお互いを認め合い尊敬し合う「つながり」が世界中に増えます。
つまりは、個々人の小さな変化こそが社会全体を多文化共生社会へと動かす「てこ」になると、私たちは信じています。

私たちはこの、「共感的理解を構築するための異文化コミュニケーション」を実現する機会として、「世界中の旅人と食卓を囲むホームビジット」という独自のモデルを提供し、グローバル人をサポートします。
異文化に対する強い興味を持つ旅行者と、異文化に触れる機会が少ない生活者。
両者をマッチングし、そして短時間でもお互いに共感的理解を実現しやすい、同じ釜の飯を食うことで、個々人が気軽に、そして継続して異文化コミュニケーションの機会を得ることができる仕組みです。

日本発のこのモデル。
異文化に接する機会が多いとは言えない今の日本から、まずはこの変化を起こすことに、私たちは大きな意味があると考えます。
まずは日本で、グローバル人を増やすために。私たちは全力で、日本で生活する人々の、1つ1つの「てこ」を動かすサポートしていきます。
そしてグローバル規模での多文化共生社会を目指し、世界中で展開していくことを誓います。

● [ NAGOMI ] に込める私たちの想い

NAGOMIという言葉に、私たちは特別な想いを込めています。

この日本語にはいくつもの意味があります。

気持ちがやわらいで、落ち着くこと。
互いに相手を大切にし、協力し合う関係にあること。
2つのものを足すこと。
そして「日本」という意味。「和食」の「和」でもあります。

私たちが運営するホームビジットは、旅行者と生活者という普段交流することのない
2つの存在が出会い、日本の食を囲みながら穏やかに交流をするプログラム。

この、日本発の独自の仕組みを通して、参加者であるゲストとホストが様々な意味の「和」を感じてほしい。
そんな想いを込めています。

● 事業内容

世界中の旅人と食卓を囲む、ホームビジット運営事業

NAGOMI VISITのメイン事業です。

異文化に強い興味を持つ旅行者と、異文化に触れる機会が少ない生活者をマッチングする、独自のホームビジットモデルで参加者のニーズを満たしながら多文化共生社会を目指します。短時間でもお互いに共感的理解を実現しやすい、「同じ釜の飯を食う」ことが特徴で、ホストにとっては一度限りのイベントではなく、気軽に継続して異文化コミュニケーション機会を得ることができる仕組みです。日本発のこのモデル。まずは日本で。そしてグローバル規模での多文化共生社会を目指し、世界中で展開していきます。

円滑な異文化交流のための、ホームビジットサポート事業

2010年に港区で行われた意識調査によると「ホームビジットの受入れをしてみたい」と考える人のうち、3~4割は何らかの不安を抱え相談窓口を求めています。NAGOMI VISITはホームビジットを受入れるホストの相談窓口として、ホームビジット当日のコミュニケーションを円滑にするためのサポートを行います。また、ホスト同士のコミュニティを構築し、多くの参加者の体験談を積極的に共有していくことで異文化交流の様々なパターンを伝え、ホストの不安を軽減し、積極的に参加ができるようサポートを行います。

まずは知ろう。異文化も、そして自文化も。異文化情報発信事業

多文化共生社会のスタートは、異文化を知ることから始まります。そして、異文化交流には自らの文化をきちんと理解し説明ができることも重要です。NAGOMI VISITは、日本の文化を、そして世界中の様々な文化を発信することでまずは異文化理解のファーストステップである「概念的理解」の促進に努めます。