世界中の旅人と食卓を囲むホームビジット|Nagomi Visit

一期一会ではなくて、一期百会のおもてなし

ホストの本音⑦

一期一会ではなくて、一期百会のおもてなし

みかさん)オーストラリアからのゲストに、「ガイドブックには載っていない、あなたの家に来られて、本当に楽しかった!ありがとう」って言っていただいのは、本当にうれしかった一言です。

オーストラリアからのゲストをお迎えしたときのウェルカムボードと、お土産のベジマイト。この日は「ベジマイトーク」で大盛り上がりしたとか^^

みかさん)日本では一期一会という言葉を用いたおもてなしをしますが、私にとってNagomi Visitは一期一会ではなくて、一期百会になれたらいいなと思っています。「同じ釜の飯を食った仲」と同じで、私のごはんを食べたんだから、家族の一員よ!の気持ちです。世界中に家族が増えることを願ってます。

—————————————————–

インタビューは以上です!保田さん、ありがとうございました^^

最後に、このインタビュー中にもお話が出ていたオーストラリアからの60代の女性お二人を受け入れた後に保田さんからいただいた当日の感想をご紹介しますね。

11月18日、オーストラリアから60代の女性お二人をお迎えしました。こんなにたくさん!!とびっくりするようなお土産を抱えてきていただきました(^^)

このNagomi Visitを今回の旅行で一番の楽しみにしてきたという、お二人で、終始笑倒しでした。日本は二回目で前回は桜の季節、そして今回は紅葉の季節を旅行され、どこに行っても素晴らしかった!とのことでした。

我が家にいらしてすぐに、床に座らないの?とご質問。70歳の母が膝が痛いので…と答えると、よかったー!私たちもよ!と大笑い。それから、とにかく笑うわ笑うわwww

さて、ごはんですが、何から食べるか教えて?という質問がありました。親子丼、豚汁、ふろふき大根、厚揚げの大根おろし添え、ブリのお刺身、サラダをお出ししました。本来は、お茶で口を潤し、汁物で箸を濡らすという作法があるのでしょうが、家庭なので、なんでもいいよ!と教えちゃいました。親子丼も最初は頑張ってお箸を使われていましたが私も匙を使っているのをみて、『あら(^^))』と迷いなく匙で召し上がってました。

お料理も結構な量を完食して笑い、日本のリンゴの大きさで大笑いし、仏壇に上がっていた大きな梨をみてお腹を抱えて笑い、SoftBankは銀行じゃないの?両替に入っちゃったわー!という話で大爆笑…

食後に、私たちの名前を漢字で書くことに挑戦したり、20日にある酉の市の話をしたり、タヌキの置物の話をしたり、いくらあっても時間が足りないくらいでした。『何時までいていい?』なんて聞かれちゃうほどwとにかく話は尽きませんでした。

玄関先で何度もハグして、さよならして、結局、近くにお泊りになってるなら!とホテルまで総出でお送りし、ホテルの前でまたハグして、泣き泣き別れました(´;ω;`)

ホストの本音① 最初に運営チームと話せる安心感
ホストの本音② 「ゲストを訪ねる世界一周」が夢
ホストの本音③ 学校で勉強する英語とは全然違う
ホストの本音④ 家族全員ルー大柴になる
ホストの本音⑤ 外国人に対する印象が変わった
ホストの本音⑥ 受け入れに乗り気じゃなかった母
ホストの本音⑦ 一期一会ではなくて、一期百会のおもてなし

他のホストの本音はこちらからどうぞ。

2012年10月 武田さんご夫妻

ホストの本音1 たこ焼きはいつも好評!
ホストの本音2 スペインのお母さんの話
ホストの本音3 最初に不安だったこと
ホストの本音4 ホームビジット重ねてくとさ、英語もどんどん出てくるようになるよね
ホストの本音5 旅行者が体験できるリアル。それがホームビジット。
ホストの本音6 年齢って関係ないんだなって本当に思った
ホストの本音7 普段の日々を、新鮮に感じる!
ホストの本音8  最初は「日本の文化、日本の食事を紹介すればいいんだな」って思ってたけど、それだけじゃない
ホストの本音9  おかずはごはんのお供ではない
ホストの本音10ゲストと一緒に作る楽しみ
ホストの本音11自分と文化が違う人たちと、交流したい人がホストに向いてる。
ホストの本音12すんなりと全部伝わるより、一生懸命がんばって話して、伝わるっていうのが嬉しい
ホストの本音13いろんな刺激を受けて、視野が広がる
ホストの本音14街中の旅行者を、身近に感じる